RECRUIT

INTERVIEW 社員インタビュー

エンジニア

エンジニアとして
高い技術レベルを身につけ
新たな領域への挑戦を続けたい。

プロダクト開発部堀 太一

現在のお仕事の内容と、Welbyに入社された経緯について教えてください。

エンジニアとして、オンコロジー(がん領域)のプラットフォームアプリの開発を担当しています。前職もエンジニアをしていましたが、まったく医療業界とは関係のない会社でした。工場のシステムを組んだり、写真館のサービスを作成していたので、アプリの開発に関わるのは初めての経験でした。
エンジニアとひとくちにいっても、基幹システムに関わる人もいれば、車のプログラムに関わる人、アプリの開発を行う人もいる、というように、さまざまなジャンルの住み分けがありますが、私は「ユーザー数の多いサービスに関わってみたい」という思いをもっていました。また、新しいことへの挑戦にも意欲があり、最先端の技術に関わってみたいとも思っていたのですが、以前の現場では必ずしも最先端が求められたわけではなく、どちらかというと堅牢性などが重視されていたように思います。
そこで、多くのユーザーを抱えるアプリ開発している会社に絞って転職活動をしていたときにWelbyに出会いました。Welbyでは不特定多数の一般のユーザーが使うアプリを開発していますし、重要な個人情報を扱う医療業界ということで、セキュリティも非常に高いレベルが要求されます。そのため、エンジニアとして、ワンランク上の開発レベルを身につけられる環境なのではないかと思い入社しました。

Welbyに入社してみてよかったと思うことは、どんなことでしょうか。

今まで使ったことがなかった新しいプログラミング言語を使う機会にも恵まれ、毎日高揚感を覚えながら仕事に取り組むことができています。
今抱えている案件を無事に終えることができたら、とても大きな達成感を得られると確信しています。
Welbyには、能動的な行動ができ、積極的にコミュニケーションを図る意識の高い社員がとても多くいます。エンジニアのメンバー間でも、現在開発に取り組んでいるサービスにおいて使用すべき最適なプログラミング言語とは何か、この仕組みはこうあるべきではないか、という意見を積極的に交わしています。
業務上不明な点があれば、すぐにチームメンバーから教えてもらうことができ、キャリアの差に関係なく親しみやすいメンバーばかりなので、とても働きやすい環境だと思います。

なりたい将来像について、教えてください。

エンジニアメンバーのリーダーに憧れをもっています。高い技術を持っていることはもちろん、技術以外の社内のトピックスについても詳しく、他のチームからの信頼も厚い方なので、近い将来の目標としています。
エンジニアとしては、やはり一番に品質を重視してスキルアップしたいと思っています。品質を担保するためにはエンジニア一人ひとりの技術がものをいうので、実際の開発において経験を積むのはもちろん、先輩社員にコードレビューしてもらえる機会を活用して、レベルアップしていきたいと考えています。
また、サービスをリリースした後にも、不具合が起きたり、改善できるポイントが出てきたりすることが稀にあります。ユーザーによる評価もダイレクトに見られることから、そういった完成後の"フェーズ2"と呼べる段階への関わりにも、ぜひ挑戦してみたいです。
エンジニアとしてさまざまな開発に携わっている人の中には、同じ業務の繰り返しにフラストレーションを感じている人も多いのではないかと感じています。同じことの繰り返しではなく新しいことに挑戦してみたい方なら、Welbyにはそれが実現できる環境があると思います。

Cookie Policy
このサイトでは、サイトの利便性向上のためにCookieを利用します。 サイトの閲覧を続行されるには、Cookieの使用にご同意いただきますようお願いします。 プライバシーポリシー
拒否 同意して続行