RECRUIT

INTERVIEW 社員インタビュー

コンサルティング営業

患者さん、クライアント、Welby
それぞれにとっての理想を
追求して形にする。

疾患ソリューション事業部紺野 真未

現在のお仕事の内容と、Welbyに入社された経緯について教えてください。

主に製薬会社を中心とするヘルスケア企業に対する、新たな案件や企画のソリューション提案の仕事をしています。各クライアントが現在抱えている課題や、中長期的な視点での実現したい事柄に対して、PHR(Personal Health Record)を中心に、デジタルを利用した解決方法を具現化していきます。
また、ある程度案件化してきたプロジェクトを、プロダクト開発部のディレクターやエンジニアと共に形にしていき、開発含めた一連の進捗管理を行うプロジェクトマネジメントも担当しています。
前職では製薬企業に勤めており、MRとして、主に希少疾患領域を担当していました。その後、医薬品のデータ販売会社を経て、Welbyに入社しました。
Welbyを選んだのは、"Empower the Patients"という理念の通り、患者さん起点でビジネスを展開しているという点に新鮮さを感じたからです。
それまでも医療業界にいましたが、主に医師などの医療者やクライアントと企業を通じての仕事が主軸でしたので、自分の仕事が患者さんにどのように貢献できているのか、自分では検証することができませんでした。Welbyなら、患者さんにとって最適な治療体験がどのように実現できるか、その結果としての貢献の程度を肌で感じることができるのではないかと思ったのです。
また、個人として今後のキャリアを考えたときに、未経験の職務に挑戦できそうだと感じたことも大きかったです。営業やマーケティング、戦略や戦術の策定、実行後に検証を行うことなど、プロジェクトの上流から下流まで全体的な関わりを持つという経験はそれまでありませんでしたが、Welbyならばスキルアップを期待できそうだと思い、入社を決めました。

お仕事をする上で、とくに意識していることはありますか。

疾患ソリューション事業部では、製薬会社などとともに特定の疾患の患者さんに対するサービスを開発し、アプリとして提供していますが、扱う疾患によって疾患特性や患者特性も異なるので、各疾患の課題に応じて、「どのようにすれば患者さんのより良い治療体験が提供できるか」を常に中心に考えることを意識しています。
もちろん、患者さんだけでなく、クライアントが実現したい世界を中長期的に創っていくことをイメージしやすいように体系立てていくことも必要です。

たとえば私が携わったアプリに「ニキビログ」というサービスがあります。ニキビという疾患は、そもそも治療のために通院するという発想の浸透に課題があります。市販薬も多く、自己流で治そうとして医療につながらないケースも多く、つながったとしても途中でやめてしまったりしがちです。きちんと通院して適切な治療を受け、自己判断によらない治療完遂をサポートすることを目的の一つとしています。
このように、患者さんにとっては良質な治療体験が実現し、クライアントである製薬会社にとっては正しい治療の普及につながります。
また、患者さんの声を大事にしたいです。さまざまな症状に苦しみながら通院するがん患者さんや、働きながらお子さんの疾患に付き添うご家族などの"困りごと"をしっかり聞いて、"Empower the Patients"を念頭にUXを考えることが重要だと思います。

今後の目標や、目指している姿はありますか。

まずは、ひとつの案件を、ある程度自力で完遂できるようになりたいです。そのために、できることをひとつひとつ増やしていきたいと思っています。
また別観点でのチャレンジとして、新しい枠組みでのサービスをつくりたいと思っています。
現在Welbyで行っているサービスの枠組みは、疾患ごとにひとつひとつアプリをつくっていくのが基本となっているのですが、アプリを利用することによって徐々にデータがアーカイブされていきます。それらのデータを活用したサービス改善提案や、アプリに限らない患者さんにとって有用なサービス企画に繋げられたらと考えています。蓄積されたデータを詳しく紐解いて分析できれば、新たな改善につながるポイントが眠っているケースがあると思います。今は事例を溜めて改善していきながら徐々に整備し、最終的には汎用性が高く且つクライアントへの示唆にもなるパッケージ商品にしたいと考えています。

Cookie Policy
このサイトでは、サイトの利便性向上のためにCookieを利用します。 サイトの閲覧を続行されるには、Cookieの使用にご同意いただきますようお願いします。 プライバシーポリシー
拒否 同意して続行