NEWS
2020/06/01
プレスリリース

PHRを利用した対面/オンライン診療等向け個人情報管理機能をリリース
~PHRで患者の個人情報登録・開示の同意取得をデジタル管理。
患者さんの自己管理と合わせ、PHRで総合的な診療サポートを実現~

株式会社Welby(本社:東京都中央区、代表取締役:比木武、証券コード:4438、以下「Welby」)は、Welbyが提供する医療機関向けPHR(Personal Health Record)である「Welbyマイカルテ」において、デジタルデータとしてPHRに登録された患者さんの医療情報(バイタルサイン、検査値、服薬状況など)について、患者さんが希望する医療機関を対象に、情報提供(開示)を行うことができる機能を新たにリリースしますので、お知らせします。なお、当機能のサービスリリースは、6月中旬を予定しております。リリース以降、アプリを更新することで、利用可能となります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響によるオンライン診療・オンライン服薬指導の要件緩和や、患者さんの受診行動の差し控えの状況を鑑み新たに搭載するもので、当機能を利用し、予め患者さんが医師に情報を開示することで、オンライン診療や対面診療(外来)の際に、患者情報や、事前の問診に相当する医療情報を適切に伝達・管理でき、医療(診療)の質的向上の寄与につながる他、患者さんの情報セキュリティや感染予防の観点で、より安心・安全に、診察を受けることができます。

従来から利用されている在宅時の自己管理機能(既往症患者の自己管理、健康・ハイリスク群の自己管理・特定保健指導・受診勧奨・健診データ管理)に加え、今後は、対面診療(外来)時、オンライン診療時、そして在宅時と、PHRが医療者と患者さんによる横断的なプラットフォームとなることで、より一層、診療の質的向上に寄与することが期待されます。

情報開示先ID利用シーン:外来含むv2_公開用.jpg
【利用例】対面/オンライン診療における補完ツールとして利用

この度、新たに搭載する当機能により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で受診を控えている患者さんやその予備群に対し、受診前の適切なコミュニケーションが可能となり、必要に応じて受診を促すことも可能となります。特に、オンライン診療など患者情報が限定された診察においては、当医療情報を活用することで診療の質を上げることが期待されます。同時に患者さんにとっても、受診前や受診時にPHRを通じデジタルで情報を医療機関に開示することで、受診に伴う感染リスクの低減ができます。

また将来的には、従来から医療データにおける課題とされていた医療機関を横断しうる患者の個人情報の取扱い(医療情報のデータポータビリティ)や、医療機関同士の情報連携についても、一定の有用性が担保されることが期待されます。

「Welbyマイカルテ」は、大学病院やクリニックなど約13,000医療機関*で利用され、患者を中心に72万人*がユーザーとして登録。提携先のサービス連携を含めたユーザーリーチは約800万人以上に及ぶことから、患者さんが医療機関の受診をする際のサポートと、喫緊の課題であるCOVID-19のリスク管理としての個人の健康データ管理としても既に活用されています。今回の取り組みは、こうした個人ユーザーと医療機関の間を、デジタルを用い個人情報の同意取得を実現するもので、遠隔モニタリングやオンライン診療・オンライン服薬指導を補完するデジタルツールとして活用できます。
なおWelbyでは、「Welbyマイカルテ」の共同展開について、企業・健保組合向けに株式会社ベネフィット・ワンと、医療機関向けには株式会社スズケン、フクダ電子株式会社をはじめ、医薬品卸や電子カルテ・オンライン診療システムメーカー等と、パートナーシップ契約を締結しています
*2020年3月末時点

Welbyは、これらの取り組みを通じて、PHRサービスを利用してご自身の健康管理に取り組む方々と、従来から受診の際に医療機関等で管理・利用されてきた院内検査データを含む各医療情報の連携を促進し、患者さんの他、医療機関・医療従事者など、皆さまにとっての診療や医療の質的向上に寄与していきたいと考えています。

◇株式会社Welby(ウェルビー)について
Welbyは、2011年からPHR(Personal Health Record)サービスを提供するリーディングカンパニーとして、様々な疾患領域の患者さんを対象とする、治療支援デジタルサービスの企画・開発・運用をしています。提供するPHRサービスの一つ「Welbyマイカルテ」は、糖尿病、高血圧などの生活習慣病患者さんを対象に、血糖値や血圧などの自己管理を支援するスマートフォン向けアプリです。また、大手製薬企業と共同で企画し、Welbyが運営するPHRサービスも数多くあり、生活習慣病をはじめとして、オンコロジー領域、中枢神経系領域、自己免疫疾患、希少疾患など、幅広い領域でPHRサービスを提供しています。また様々な疾患領域におけるPHRサービスの実績とID・DB基盤を活かし、臨床研究を対象としてPHR/PROを活用したエビデンス創出の相談から、PHR/PROの収集システムの開発・運用、機器の運用支援までをパートナー企業と連携して提供しています。

 ●社名   :株式会社Welby(証券コード:4438)
 ●代表者  :代表取締役 比木 武(ひき たける)
 ●本社所在地:東京都中央区日本橋本町2-7-1 野村不動産日本橋本町ビル3階
 ●設立年月 :2011年9月
 ●事業内容 :患者向け治療支援デジタルサービス(PHR)の企画・開発・運用
 ●URL  :https://welby.jp/

◇報道関係 お問合せ窓口
 ●株式会社Welby 広報担当:山岸
 ●電話番号   :050-5236-4580
 ●メールアドレス:pr@welby.jp

Cookie Policy
このサイトでは、サイトの利便性向上のためにCookieを利用します。 サイトの閲覧を続行されるには、Cookieの使用にご同意いただきますようお願いします。 プライバシーポリシー
拒否 同意して続行