医学通信社「月刊保険診療」に、つたえるアプリが紹介されました。

医学通信社「月刊保険診療(2017年7月号)」にて、がん患者さんの痛みや症状を数値化するアプリとして「つたえるアプリ」が紹介されました。

医学通信社「月刊保険診療(2017年7月号)」P17
事例8 痛みや症状を数値化するアプリ
ho-17-7

【以下、記事より一部抜粋】
———————–
・・・痛みやだるさ,吐き気,発熱といった,がん治療における18種類の症状について,「ない」=0から「最もひどい」=10の点数や「あり/なし」で患者自身が回答していくと,その記録情報を週単位・月単位でグラフや表にして表示するものだ。プリントアウトもできるので,診察時に詳しい症状を医療従事者に伝え、患者の意向に沿った治療方針の決定を支援することにつながる。・・・
———————–
記事全文は、月刊保険診療(2017年7月号)にてご確認ください。

なお、「つたえるアプリ」はがん治療におけるつらさを記録し、医療者につたえるためのクラウドサービスです。
「つたえるアプリ」のご利用・ダウンロードはこちらから
・iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/id1044630906
・Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.tsutaeru.app