NEWS
2016/02/05
イベント

日本医療研究開発機構・産業技術総合研究所主催ヘルスソフトウェアカンファレンス に弊社戸上が登壇致します

来る2月に日本医療研究開発機構・産業技術総合研究所主催で開催される、「ヘルスソフトウェアカンファレンス」にて、株式会社ウェルビーより戸上(PHR事業 担当取締役)が登壇させていただきます。多彩な識者が登壇するセッションとなります。ぜひこの機会に足をお運びください。

開催要項

【日時】  2月17日(水) 13:00~17:30(受付開始12:30)
【場所】  AP東京 八重洲通り13F(東京都中央区京橋1丁目10−7)

【プログラム・登壇者】
1.医療機器プログラムの現状
鈴木孝司氏(医療機器センター)

2.GHS開発ガイドラインと適合宣言の概要と実際
土居篤博氏(一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会(GHS))

3.ヘルスケアソフトウェア開発ガイドラインの意義
鎮西清行氏(産総研)

4.ヘルスソフトの今・これから
鹿妻洋之氏(オムロンヘルスケア(株))

5.機器連携アプリによる医療機関向けビジネス
戸上浩昭((株)ウェルビー)

6.疾患治療を目的としたソフトウェア開発と臨床試験
上野太郎氏(サスメド(合))

7.リストバンド型ウェアラブルでどこまでのデータが取れるのか?
岩崎顕悟氏(JAWBONE GM/日本代表)

8.GHS取得事例紹介:既存製品のGHS登録
中西 宏之氏(京セラ丸善システムインテグレーション(株))

9.日米のヘルスソフトのサイバーセキュリティに関する現在の取り組み
大竹正規氏(PCHA(パーソナル・コネクテット・ヘルス・アライアンス)日本地域政策分科会 委員長)

10.「ハッカソンによる創発的医療、そして医療xIT及び医療セキュリティ」
“How to change the world over the weekend? – Hackathon and Security in Medical”
山寺純氏((株)Eyes, JAPAN)

11.パネルディスカッション/総合討論

参加をご希望の場合はこちらのイベントページよりお願い致します。

Cookie Policy
このサイトでは、サイトの利便性向上のためにCookieを利用します。 サイトの閲覧を続行されるには、Cookieの使用にご同意いただきますようお願いします。 プライバシーポリシー
拒否 同意して続行