日経デジタルヘルスに、「Welbyマイカルテ」を活用した臨床研究
「KIT Study」が紹介されました。

日経デジタルヘルスにて、自治医科大学(栃木県下野市/香山充弘理事長)と国分寺さくらクリニック(栃木県下野市/村田光延院長)が取り組む、「Welbyマイカルテ」を活用した臨床研究「KIT Study」が紹介されました。

日経デジタルヘルス
ヘルスケアアプリ療法は生活習慣病に有効か 国分寺さくらクリニックが臨床研究
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327441/110800141/?ST=health

【以下、記事より一部抜粋】
———————–
「生活習慣病におけるヘルスケアアプリ療法は、食生活の改善、臨床検査数値の変化量に有意差がみられ、有用性が期待できる」――。臨床検査値の推移や生活習慣を記録するアプリの臨床的効果を検証している国分寺さくらクリニック(栃木県下野市)。院長の村田光延氏は、こう語る。

国分寺さくらクリニックは、「KIT Study」(国分寺IT臨床研究)と呼ぶプロジェクトに取り組んでいる。「臨床検査値の推移や治療の遵守を記録するアプリケーションソフト、サービスが徐々に診療現場に普及しつつあるが、臨床的効果の検討は未だ不十分」(村田氏)とし、その効果に関して検討・検証することを目的にしたものだ。・・・
———————–
続きは、掲載サイトをご覧ください。