西部読売新聞/YOMIURI ONLINEに、「Welbyマイカルテ」が紹介されました

2018年6月2日付けの西部読売新聞及びYOMIURI ONLINEにて、「Welbyマイカルテ」が紹介されました。導入事例として佐賀大医学部付属病院(佐賀県佐賀市)・高橋宏和医師や諫早記念病院(長崎県諫早市)・山口義彦院長のコメントも頂戴しております。

西部読売新聞/YOMIURI ONLINE
患者の生活アプリで改善 体重、食事医師ら共有 病院導入広がる
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20180602-OYS1T50062.html

———————–
スマートフォンのアプリを使って、糖尿病や心不全の患者らの生活習慣改善をサポートし、治療に生かそうとする動きが医療現場で広がっている。患者が自宅で記録した食事の内容や体重などのデータを医師や管理栄養士らと共有できる仕組みで、診察時間以外の「見守り役」として期待されている。

 佐賀大医学部付属病院(佐賀市)の肝臓・糖尿病・内分泌内科は昨年度、脂肪肝など肝疾患の患者を対象に、スマホアプリ「Welbyマイカルテ」を導入した。開発したのは健康管理を支援するIT企業「ウェルビー」(東京)で、無料でインストールできる。・・・
———————–
記事全文は、こちら(要会員登録)にてご確認ください。