NEWS
2014/09/17
プレスリリース

患者の"学び"を支援する教育サイト 「Welby Media(ウェルビーメディア)」スタート -慢性疾患の「自己管理」を多方向からサポート、治療を促進-

病気と向き合う人々の健康管理を支援する株式会社ウェルビー(本社:東京都千代田区、代表取締役:比木武、以下ウェルビー)は、糖尿病など慢性疾患の患者の"学び"を支援する教育メディア「Welby Media(ウェルビーメディア)」(http://media.welby.jp/)を、本日 9月17日(水)よりスタートしました。

慢性疾患の患者にとって、日々の体調を記録し、自己管理することは治療への近道です。普段から記録を行い、自分の体について把握していくことでトラブルなどを未然に回避することができます。また正しい記録は最適な診察を実現し、治療をより促進します。

ウェルビーは、慢性疾患の患者の自己管理において、「ログ(記録)」、「学び(教育)」、「コミュニケーション(応援)」を3本の柱と考え、糖尿病患者をサポートするスマートフォンアプリ「Welby血糖値ノート」や、スマホで医師や家族と共に健康管理ができる「Welbyシェア」など、「ログ」と「コミュニケーション」の側面から患者をサポートする様々なサービスを提供してきました。

この度の「Welby Media」は、「学び(教育)」を提供する第一弾のサービスです。最新情報の発信はもちろん、独自にインタビューした医療現場や患者の生の声を届けることで、患者の自己管理や治療へのモチベーションアップ効果を期待しています。また、スタートを記念して、8歳で1型糖尿病を発症しながらも、エアロビック競技世界チャンピオンとなった大村詠一氏のインタビューを連載します。

■コンテンツ事例
・ニュース&トピックス
慢性疾患だけでなく、日々の健康に関する幅広い情報をピックアップします。
・医療者インタビュー
医師、管理栄養士、薬剤師など、医療現場の専門家によるアドバイスや情報を掲載します。
・患者インタビュー
患者の経験談を掲載。事例を知ることで、治療に対するモチベーションアップを期待します。
・食事/運動療法
専門家によるアドバイスやレシピ紹介の他、食事や運動療法に関する最新情報を提供します。
・調査報告
慢性疾患に関する当社独自の調査結果を発表します。

スクリーンショット 2014-09-16 10.00.37

【企業情報】
◇株式会社ウェルビーについて
糖尿病・高血圧症など慢性疾患の自己管理を目的に、日々の食事の内容やカロリー、血圧や血糖値などを記録して、生活習慣のログをつけることで病気の治療に役立てるクラウドサービス「Welby(ウェルビー)」を2011年から展開。疾患治療の自己管理の項目ごとに開発された「Welbyモバイルアプリ」、患者が家族・医療従事者と自己管理記録を共有できる「Welbyシェア」、データの閲覧表示・印刷が可能な「Welbyマイカルテ」を提供し、患者による主体的な疾患治療・管理をサポートしています。現在はさらに対象疾患を拡大し、慢性疾患分野における治療・自己管理のための総合的なデジタルプラットフォームを企画・開発・運営しています。

◇代表取締役 比木武(ひき たける)プロフィール
1996年、 同志社大学法学部卒業後、住友商事株式会社に入社。米国ハイテクベンチャー  企業の日本進出の共同事業を担当し、シリコンバレーのIT企業の日本マーケット向け事業  開発、商品開発、プロモーションを行う。同社退職後、2005年より米国ヴァージニア大学MBAにてMBA取得。2007年より、楽天株式会社にて、経営企画、事業戦略や組織改革の業務に 従事。2008年、医療従事者向けのOnline Community 「メドピア」の立ち上げに参画(2014年マザーズ上場)。2011年よりWelbyを創業し共同代表に就任。Health 2.0 Tokyo設立発起人。

●社名 :株式会社ウェルビー
●代表者 :代表取締役 比木武(ひき たける)
●本社所在地 :〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-1
●設立年月日 :2011年9月
●事業内容 :医療関連オンライン・ソリューションサービス
●URL : https://welby.jp/

【お問合せ】
●株式会社ウェルビー 企画グループ(広報・PR担当):芳賀麻希子
●電話番号 :03-6261-3525
●メールアドレス :makiko.haga@welby.jp

Cookie Policy
このサイトでは、サイトの利便性向上のためにCookieを利用します。 サイトの閲覧を続行されるには、Cookieの使用にご同意いただきますようお願いします。 プライバシーポリシー
拒否 同意して続行