前立腺がん患者向けコミュニケーションサポートサービス
「腺ノート」をヤンセンファーマ株式会社とリリース
—パソコン、スマートフォン、手書き記録用紙で患者が体調を記録、
デジタル化したレポートを診察時のコミュニケーションに活用—

病気と向き合う人々の健康管理を支援する株式会社ウェルビー(本社:東京都千代田区、代表取締役:比木武、以下ウェルビー)は、このほどヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ブルース・グッドウィン、以下ヤンセン)と、前立腺がん患者の診察時の医師とのコミュニケーションをサポートするサービス「腺ノート」をリリースいたしました。

「腺ノート」は、患者さんが日々の体調や、服薬状況などついて、パソコンやスマートフォン、専用の手書き記録用紙を用いて簡単に記録することができ、患者さんご自身の状態をグラフ形式のレポートで分かりやすく振り返ることができます。限られた診療時間のなかで、医師や看護師にご自分の状態を的確に効率よく伝えることのできるコミュニケーションツールとしてご利用いただけます。

151215_腺ノートリリース

日本での前立腺がんの罹患者数は、2010年で64,924人、2011年は78,728人と増加傾向にあり、2020年には罹患者数が肺がんについて2番目になると予測されています【注】。また、前立腺がんでは長期にわたり病気と向き合うことから、患者さんが依然と変わらぬ生活を送りながらQOLを維持することが重要です。しかし、前立腺がんの治療において、限られた通常の診察時間で患者さんの体調などについて医療者が把握し、治療に十分に活かしきれているとは言い難いケースがみられるとも言われています。こうしたなか、「腺ノート」では、患者さんが「痛み・しびれ」、「だるさ」、「食事量」などの日々の体調について記録し、グラフ形式のレポートで的確に効率よく医療者に伝えることをサポートします。

高齢の男性が大部分を占める前立腺がんの患者さんのライフスタイルに合わせて、「腺ノート」では、パソコン、スマートフォン、専用の手書き記録用紙と幅広い記録方法を用意したことも特徴です。「腺ノート」サービスは、ウェルビーのPHRプラットフォーム上に構築されており、患者さんの記録内容・履歴は、どの記録方法によっても、ウェルビーのクラウドサーバに随時保存され管理されることとなります。

ウェルビーでは今後も様々な疾患領域にサービスを拡大し、多くの患者さんを支援するサービスを展開してまいります。

【注】地域がん登録全国推計値 地域がん登録全国推計による罹患データ (1975年~ 2011年)より

【「腺ノート」 概要】
■ 開発・運営: 株式会社ウェルビー
■ 提供:ヤンセンファーマ株式会社
■ 監修:横浜市立大学附属市民総合医療センター 泌尿器・腎移植科 部長上村 博司 医師
■ 協力:腺友倶楽部(前立腺がん患者と家族の会) 会長  武内 務 氏
■ 利用方法
➢パソコン : https://sennote.welby.jp/ (インターネットサイト経由で利用)
➢スマートフォン: iPhoneおよびAndroidアプリをダウンロード(近日公開予定)
➢手書き記録用紙:医療機関等で専用の「記入用紙キット」を入手
※いずれの場合も株式会社ウェルビーが運営する「Welby ID」への会員登録が必要です。
➢利用料金:無料

【会社情報】
◇株式会社ウェルビーについて
糖尿病・高血圧症など慢性疾患の自己管理を目的に、日々の食事の内容やカロリー、血圧や血糖値などを記録して、生活習慣のログをつけることで病気の治療に役立てるクラウドサービス「Welby(ウェルビー)」を2011年から展開。疾患治療の自己管理の項目ごとに開発された「Welbyモバイルアプリ」、患者が家族・医療従事者と自己管理記録を共有できる「Welbyシェア」、データの閲覧表示・印刷が可能な「Welbyマイカルテ」を提供し、患者による主体的な疾患治療・管理をサポートしています。現在はさらに対象疾患を拡大し、慢性疾患分野における治療・自己管理のための総合的なデジタルプラットフォームを企画・開発・運営しています。

●社名 : 株式会社ウェルビー
●代表者 : 代表取締役 比木武(ひき たける)
●本社所在地 : 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-1
●設立年月日 : 2011 年9月
●事業内容  : 医療関連オンライン・ソリューションサービス
●URL   : https://welby.jp/

【お問い合わせ窓口】
●株式会社ウェルビー 企画グループ(広報・PR担当):芳賀麻希子
●電話番号 : 03-6261-3525
●メールアドレス : makiko.haga@welby.jp